台湾旅行

台湾旅行で必要不可欠!悠遊カードの買い方使い方【初心者向け】

今回の台湾旅行で初めて悠遊カードを買ってみました。

前回も存在は知ってたんですが、
何もかも初めての海外旅行で
そこまで余裕がなかったので、
1番簡単な切符買う方式にしました。

何かむずかしかったりしたら嫌だな〜と思って
少しでも楽できるように、と敬遠しちゃいました(笑)

でも、今回は2回目の台湾旅行で少し余裕ができたので
使ってみることにしました。

使ってみた結果、かなりおすすめだったので
買い方や使い方をシェアしますね。

僕は敬遠しちゃいましたが、使ってみると簡単なので
初めての海外旅行や初心者の方でも問題なく使えると思いますよ!

初心者にこそ!悠遊カードのおすすめポイント

悠遊カードのおすすめポイントは3つあります。

運賃が割引される

切符なら初乗りが20元ですが、
悠遊カードなら16元になります。

一々運賃を調べて切符を飼わなくてよい

日本でもICカードを使うと楽ですよね。

悠遊カードも一々運賃を調べずに
改札通るときにタッチするだけでOKです。

ただでさえ馴染みのない土地で、
読み方もよくわからない運賃表を見るのはなかなか大変です。

とりあえずタッチして入るだけ、ということができるのは
かなり初心者にはありがたいアドバンテージです。

残高不足でも改札を出ることができる

これは日本にはない考え方です。

JR東日本なんかは初乗り運賃分の残高がないと
改札内に入ることすらできません。

西日本ユーザーの僕は就職のため上京して
初めてこれを食らったときは
なんか東京って冷たいな…とホームシックになりました。

西日本は改札には入れて、出るときにチャージすればOK。

急いで電車に乗りたいのに〜!

って場合に助かりますよね。

残高がないために電車に乗れず待ちぼうけ。。
なんてイヤです。ちゃんとチャージしとけよって話なんですが。

台湾のメトロはさらに寛容です。

次に使うときにチャージすればOK。

急いで電車に乗って、次の目的地行かなあかんのに〜!
って場合にかなり助かりますよね。

まさに、地下鉄に乗って桃園空港まで着いたけど
チェックインまで時間がない!
残高も足りない!
なんて胃が痛くなりそうな場合でも、そのまま悠遊カードを持って帰るなら
チャージにかける時間を節約できます。

でも飛行機のチェックインは余裕を持っていきましょうね。

そんな感じで、記念に持って帰ることもできます。

悠遊カードの買い方

悠遊カードは、メトロの駅窓口コンビニで買えます。

桃園空港のセブン-イレブンでも発売してました。

コンビニの方が色んなデザインがあるとのことで
見てみましたが、ドラミちゃんとかキティちゃんとか。

せっかく台湾きた記念になるのに、日本のキャラがプリントされててもなぁ…

と思い、パスしました。。

台湾のキャラなら欲しかったですね。

※名前はわかりませんが、窓口でオリジナルキャラクターの悠遊カードが
 発売していた模様。街中でも持ち歩いてる人を結構見かけました。いいな〜

桃園空港のメトロ券売機で購入

桃園空港のメトロは、券売機のあたりに係の人が立ってて
切符とか悠遊カードを買う人のサポートをしてくれます。

券売機で悠遊カードを買う場合、カード代100元
400元チャージして500元使うことになります。

1000元札を淹れようとしたら、

「お釣りでないから両替してきて」

と言われました。

これ、前回初めて台湾に着いたときにこの係の人が

「両替してきてあげますね!」

つって、1000元札を持っていったんですよね。
紙幣も貨幣も見分けつかへんし、絶対いくらか抜かれたやん。。

お釣りでるやろうに両替する必要ないやん。。

って思いましたが、お釣りでないから両替してくれたっぽいですね。

でも空港着くなりすぐお金取られたかな?と思ってヒヤヒヤしました。

メトロの職員が堂々とお金抜くなんてことはされないと思いますが、
気になる人は自分で小銭を両替しておきましょう。

券売機のすぐ近くにあります。

400元分チャージする必要があるのですが、
正直400元も使うか?と思ってましたが
コンビニでも使えるし空港までの運賃がそこそこ高いので
結局使い切りました。

使い切るならコンビニでも使えるので何とかなりますよ。

メトロで桃園空港から台北まで150元
 台湾高鐵(新幹線)も高鐵桃園から台北まで160元とほぼ値段が変わりません。
 空港から高鐵桃園まで、便数が少ないですが、行けるなら高鐵に乗るのもいいですよ!
 前回は高鐵で台北まで行きましたが700円弱で新幹線に乗れて感激しました(笑)

悠遊カードの使い方

悠遊カードを手に入れたら、自動改札機の右側にある
カード置き場にタッチすれば使えます。

注意点としては、
日本のICカードに比べると反応が遅いです。

ひと呼吸置いて、ちゃんと反応したことを
確認してから改札を通りましょう。

僕は引っ掛かったことありませんが、
変に入場で強行突破すると、出場できずに
入場駅まで戻って対応機種させられるようです

語学力に不安がある場合は絶対に避けたいシチュエーションですよね…

コンビニでも使える

今回の旅行で立ち寄ったセブン-イレブンとファミマは
全部の店で悠遊カードを使うことができました。

店員さんに会計のときに

「ヨウヨウカーOK?」

と言えば、センサーを案内してくれて
スムーズに買い物できました。

悠遊カードまとめ

台湾のメトロやコンビニで使える悠遊カード。

メトロの移動もスムーズにできるし
割引券もあるし、急いでるときは残高なくても
入場、出場までできる。

ついでに旅の記念に持って帰ることもできます。

チャージも今回はやりませんでしたが、
役の券売機にチャージ機能もついているので
日本語表示か英語表示にすれば
楽にチャージできると思います。

それ以外、特に難しいこともないので
海外旅行初心者の人でも問題なく使えると思いますよ!

台湾旅行のときは悠遊カードをお得に使いましょう!

The following two tabs change content below.

きゅう

2014年に会社員をやめて、フリーランスのシステムエンジニアになりました。 節税とか自転車とか糖質制限についてよく書いています。

-台湾旅行
-, , ,