フリーランスの資産形成

老後2000万円問題、フリーランスはどう準備すべき?

老後に2000万円の資金が必要という話題が
盛り上がっていますね。

僕も今までのほほんと生活していたので、(笑)
初めて具体的な数字を見て、目が覚めた気分です。

なんとなく年金は足りないと言われていましたが、
今回の騒動が自分の老後や今のやりくりを見直す
きっかけになったのでよかったと思います。

老後2000万円問題のおさらい

話題の老後2000万円問題。簡単におさらいします。

金融庁が作成した資料で、モデルケースとして
老後に月の収支が、
年金収入21万円、支出が26万円となり、
月々5万円の赤字になる。

それが30年続くと2000万円になるので、
それまでに2000万円準備する必要がある。

というものです。

これに年金が払われないと勘違いした人たちが
騒いでいるのがこの問題です。

当然、年金の見込み額も老後の支出も人それぞれなので
みんながみんな2000万円必要ではありません。

もっと少ない人、多く必要な人色々でしょう。

デモしたところで年金が増えるわけでもなし、
どうすれば老後にお金の心配をせずにすむのか?
考える方が有意義でしょう。

老後の生活費と年金の予定額はいくら?

上でも書いたとおり、老後の状況は人それぞれ。

老後、自分はどれくらいお金を使ってるのかな?

ってことで、今の支出の内容を少し参考にして
考えてみました。

今生活費として使っている金額

家は買ったけど、タバコ、ギャンブルやらない。
酒は飲むけどすぐ酔うから安上がり(笑)

普段からあまりお金は使わない方だと思ってます。

支出の殆どがローンと税金(笑)
詳細な生活費はこれから家計簿つけて、
1ヶ月分が出たら改めてまとめてみたいと思います。

老後に使ってそうな金額

医療費は使うでしょうね。今はほぼ0円ですが、
老後はどうなんでしょう。
親に聞いてみようと思いますが、10万円くらい見ておけばよいでしょうか?
癌とか大病を患うと一気に超えていきそうですが、
こればかりは事前にわからないので。。

光熱費・通信費ともに1万円くらいかな?
あと食費は5万円も見ておけば十分でしょう。

車もたぶん持たないし、20万円くらいみておけば大丈夫かな?
と思っています。

フリーランスの年金の予定額

フリーランスの僕は厚生年金がほぼありません。
6年弱で退職していた模様。

そこからはずっと国民年金です。

学生時代、手続きしていたので満額はもらえなさそう。
満額で6万円程度という話があるようなので、
もらえて5万円くらいでしょうか?これに厚生年金あわせて
月に6万円くらいでしょう。

後は自分で何とかするしかありません。
フリーランスの年金といえば、
国民年金基金
iDeCo
・個人年金保険
あたりでしょうか。

このうち国民年金基金とiDeCoは全額所得控除にできるので
資産形成と節税を同時にできるスグレモノです。

できるなら満額の6万8000円かけておきたいです。

仮に、国民年金基金の終身年金(A型)に全額かけた場合は、
月に10万円支給されます。
これで月合計16万円くらいになるので、
支出が20万円なら毎月4万円の赤字になります。

ちなみに国民年金基金を満額かけることで81万円分所得控除できるので
所得税が10%なら8万円節税することができます。

25年かけ続けられたら、200万円節税できることになります。

不足する場合、どう準備すべき?

支給金額が確定している国民年金基金に全額かけても4万円足りないので
さらに何とかする必要があります。

本当に4万円赤字なら、不足額は30年で1500万円くらいになります。

iDeCoの枠もないのであれば、
・積立NISA
・NISA
などで運用していくくらいでしょうか。

後は節税効果はありませんが、普通に投資信託や投資など。
500万円を仮に3%で運用できれば、複利で25年後には倍の1000万円になります。

投資をうまくまわせていれば、65歳以上でも
年金以外の収入が見込めてかなり楽になるでしょうね。

そこまでできるようになりたいものです。

老後2000万円問題、フリーランスはどう準備すべき?

老後2000万円が必要と言われている問題。
あくまでひとつのモデルケースになります。

僕は20万円くらいあれば十分かなぁと思っています。
上での内容でいくと、17万円くらい。

年金で16万円支給されるようなら、1万円の赤字なので
30年生きたとしても360万円の準備で耐えられそうです。

それでもいざその時にならないと実際いくら必要になるかはわかりません。
支出が予想より多い場合、年金では足りない場合、
無い袖は触れないのでその時はその時、慎ましく生活していると思います。

医療費がかかって慎ましくするにも限界があるような状況だと厳しいですが。。

今僕はフリーランス35歳。国民年金基金に全額投じても
将来20万円も年金はもらえなさそうな状況ということがわかりました。

NISAや積立NISA、投資信託などで、なるべく大きな額を、
なるべくリスクを減らしながら3%くらいで運用できれば準備可能かな、
ということがわかりました。

なかなか楽ではないですが、節税もしながら資産運用して
なるべく楽に老後を過ごせるように頑張ろうと思います!

The following two tabs change content below.

きゅう

2014年に会社員をやめて、フリーランスのシステムエンジニアになりました。 節税とか自転車とか糖質制限についてよく書いています。

-フリーランスの資産形成
-, , , , ,