旅行

【初心者向け】梅田から関空行きリムジンバスでのICOCAの使い方

大阪梅田駅から関空までをつなぐリムジンバスのこちら

梅田から直通で関空まで行ってくれて
乗り換えなしでずっと座っていけるのでめっちゃ便利!

なので空港に行く時はバスをよく利用しています。

で、今回始めてICOCAを使って乗ろうと思ったんですが、
ちょっと勘違いがあって、往路でICOCAを使えませんでした。

初めてICOCAなどのICカードでリムジンバスを利用する人は
僕と同じように失敗する可能性があるかも?

と思ったので紹介しておきます。

ICOCAを使えるとメリットもありますので、
初めて関空リムジンバスを利用する方、初めてICOCAを使おうと思っている方は
見ておいて損はありませんよ。

関空リムジンバスでICOCAを使うメリット

ICOCAを使うことで、1本早いバスに乗れる可能性が高くなる
というメリットがあります。

乗車券の券売機の行列を回避できる

というのも、特に早朝の新阪急ホテルのバス乗り場は
結構混雑しています。

(早朝以外の時間帯は見たことないんですが。。)
バスの乗車待ちに20人くらい。

乗車券の券売機にも20人くらい行列していることがあります。

バスの乗車待ち行列は、ある程度どうしようもありませんが、
ICOCAを利用することで、券売機の待ち行列を回避できます

今回、僕は券売機でICOCAを使えると勘違いしてしまい、
券売機に並んでしまいました。。

当然、券売機ではどこを探しても
ICOCAをタッチするようなところはなく
結局現金で乗車券を買うことになりました。

失敗したところで、ICOCAのチャージ残高が減るか
現金が減るかの違いしかないのでそれはよいのですが。

乗り換えがシビアな時にはICOCAで乗車がおすすめ

特に電車などからの乗り換え時間が短くシビアな場合、
乗り場についたけど乗車券購入の待ち行列が長いと焦りますよね。

特に大阪駅の新阪急ホテルは、ここから乗車する人が多くて、
乗車券の購入待ち行列が結構長くなることが多いです。

そんな時は特にICOCAで乗車するメリットがきいてきます。

関空リムジンバスでのICOCAの使い方

バスの乗車口にICOCAなどのICカードをタッチするセンサーがあるので
そこにタッチすれば、わざわざ乗車券を買う必要はありません。

リムジンバスでICOCAを使う際の注意点

注意点としては、タッチした時点で
チャージ分から運賃が引かれるので、
事前に運賃分の残高がないと乗車できません

そうなると結局乗車列に並び直しになるので
乗車券待ちを回避できるメリットが一気に台無しになります。。

ICOCAを使う場合は、必ず十分な残高があることを
確認したうえで乗車列に並びましょう。

関空リムジンバスでICOCAを使うまとめ

関空リムジンバスでICOCAを使うと、
乗車券を買うために券売機に並ぶ必要がなくなり、
早くバスに乗れる確率があがります。

特に新阪急ホテルなどは、関空に向かう外国人観光客が多く
彼らが券売機に行列していることが多いです。

それをまとめて回避できるので、早くバスに乗れる可能性があがります。

使いかたも、乗車券を買わずにバスの乗車口まで行き、
運賃分のチャージ残高がある状態で
バス乗車口のICカードセンサーにタッチするだけ。
と簡単なのでおすすめです。

むしろICOCAを持っていない外国人の方に
早く乗車券を買ってもらうためにも
ICOCAを持っているなら使った方が
みんなが幸せになれていいかもしれませんね。

ICOCAは関係ないが、補助椅子で行列回避可能

ICOCAには関係ないんですが、早くバスに乗れる話つながりでひとつ。

補助椅子に座ることで、乗車待ちの行列を回避できることがあります

バスの乗車待ち行列も結構長いです。

でも、ほぼ満席になると、次のバスを待つ人が
少なからずいらっしゃいます。

係員の方が、

「補助椅子でもよろしければあと数名乗車できます」

というアナウンスをしてくれることがあります。

行列の後ろでも、補助椅子でよければ先着で満席まで乗車できます。
経験上、どの便も補助椅子までほぼ満席になります。

今回は僕も補助椅子で目標のバスの1本早いやつに乗れましたが
偶然にも最後の乗客なので最前列に座れました(笑)

ただやはり補助椅子は背中が少し痛いです。

急ぎの場合で、1時間くらいなら我慢できるというなら
補助椅子もありかと思います。

※どの席でもそうですが、特に補助椅子の場合は
必ずシートベルトを着けましょうね。

以上、参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.

きゅう

2014年に会社員をやめて、フリーランスのシステムエンジニアになりました。 節税とか自転車とか糖質制限についてよく書いています。

-旅行
-, , ,