フリーランスの節税

iDeCoと国民年金基金はこの割合がおすすめ!

国民年金基金とiDeCoって、フリーランスなら
合計で月6万8000円かけられるけど、
どれくらいの割合にするのがいいんかな?

最近iDeCoが話題にあがってるし、
国民年金基金って何か古そうやし、
iDeCoに全額でええんかな?

って疑問に思ったので調べました!

国民年金基金とiDeCoの違い

国民年金基金とiDeCoは、どちらも年金として
65?歳まで払い込む、給付も基本的に65?歳
という点で似ていますよね。

違いは、国民年金基金は、国民年金と同じく
かけるだけで運用などはできません。

iDeCoは掛け金をもとに自分で商品を選んで
運用する必要があります。

一番大きな違いは、終身年金があるかどうか、です。
国民年金基金は終身年金があり、
iDeCoにはありません。
※追記:金融機関によってはあるようです。

フリーランスなら国民年金基金もやるべき!

フリーランスは、ご存知の通り厚生年金がありません。
会社員の方と比べると、給付される年金が少ないです。

その分国民年金基金とiDeCoとかで
老後の資金を作っておこうという話ですが、
フリーランスは特に国民年金基金の終身年金を
確保しておくべきです。

その理由は、長生きリスクに対応するためです。

長生きリスクへの対応

老後の2000万円問題ともかぶりますが、
長生きすると当然その分お金がかかります。

フリーランスがよくやる小規模企業共済やiDeCoは、
一時金や確定年金として受け取れます。

フリーランスなら、厚生年金がない分
終身年金が少なくなります。

確定年金の受け取り期間が過ぎて
長生きしてしまうと困ってしまうことになりかねません。

なので、国民年金基金の終身年金を
必要な枠まで掛けておくのがよいです。

その残りをiDeCoにかける。

※金融機関によってはiDeCoも終身年金として
受け取ることができるようです。

国民年金基金をやるべき、というのは
終身年金として利用できるからなので
利用している金融機関がiDeCoも終身年金として
うけ取れるならそちらでも問題ありません。

国民年金基金とiDeCoの割合は?

老後に必要な終身年金な分国民年金基金にかけましょう。

例えば僕は今35歳の誕生月なので、
約2万円かけると、年36万円受け取れます。
終身年金のA型に合計4口かけると、
毎月の掛け金は32,175円になり、年金額は60万円。
月5万円になります。

就職して6年くらい厚生年金かけてきましたが、
現状自分がいくら年金をもらえる予定かわからないので
また確認する必要がありますが、月5万円くらいで
いったんかけておこうかと思っています。

あと10日くらいで35歳0ヶ月が終わってしまうので、
ちょっと急がないといけません(笑)

参考:
こちらでシミュレーションできるので、
必要な金額を受け取れる掛け金を確認しましょう。

そして残りをiDeCoへ。

僕は国民年金基金とiDeCoの割合としては
半々になりそうです。

国民年金基金とiDeCoの割合まとめ

フリーランスに不足している終身年金。

厚生年金がない分、国民年金基金で
追加しておきたいところです。

シミュレーションして、必要な掛け金を調べて
残りをiDeCoに回すとよいでしょう。

The following two tabs change content below.

きゅう

2014年に会社員をやめて、フリーランスのシステムエンジニアになりました。 節税とか自転車とか糖質制限についてよく書いています。

-フリーランスの節税
-, , , ,