フリーランスの節税

【フリーランス】生命保険料控除を侮ると損しますよ!【節税】

生命保険、とりあえず勧められたの入って、
入った分は毎年ちゃんと確定申告でも控除してるよ!

だから損はしてない!

と思っているあなたに読んでもらいたい。

実は僕もそう思っていました。

でも、ちゃんと生命保険料控除のことを知ると、
もっと節税できたんだな。。

と思って今後悔しています。。

生命保険料控除とは

生命保険料控除
介護医療保険料控除
個人年金保険料控除

の3つについて、8万円超支払うと、
最大4万円ずつ所得控除されます。

つまり最大限控除を受ける場合は、
合計24万支払って、12万円分の所得控除が受けられます。

詳細はこちら。
国税庁の生命保険料控除のページ

生命保険料控除でガッツリ節税するためには

節税の勉強を始めてから学んだことは、

・税額控除最強!
・節税と貯蓄できるものがアツい!

ということです。

税額控除は住宅ローン控除くらいですが、
節税と貯蓄できるものは
小規模企業共済とかiDeCoとかあります。

こいつらは掛け金の全額が所得控除の対象になります。

それに比べると、生命保険料控除は掛け金の半額の控除。
なので少し見劣りしますが、できるものはしっかりやりましょう。

勉強始めてから、1円でも多く節税する方法を
探すのが楽しくなってきました(笑)

少し話がそれましたが、ガッツリ節税するためには、
生命保険料控除の限界までかけることが必要です。

3種類の、
生命保険料控除
個人年金保険料控除
介護保険料控除。

それぞれ8万円かけると、それぞれ4万円ずつ控除されて
合計12万円の控除にできます。

貯蓄型のものを選べば、利率は低くても、
所得から12万円の控除。
住民税から7万円の控除。
があるので、10%計算としてだいたい2万円くらい
節税できたことになります。

24万円で2万円、利回り約8%になります。

どの生命保険にすればいいか?

上でも書きましたが、貯蓄型のもので
8万円近くかけるのが効率的です。

ただ、正直どの商品がいいか、
あまり大差ないんじゃないかな、と思ってます(笑)

しかも、個人年金保険はどういったものか、
正直良くわかっていません。

なので、今度の休みに相談してみて
見繕ってもらおうかなと思っています。

関係ないけどこのCM面白いですよね(笑)

生命保険料控除で節税まとめ

節税目的であれば、もちろん限度額までかけるのがよいです。
24万円かけて12万円の控除が受けられます。

掛け金は毎月2万円。
住民税は7万円。

なにをかけるかは、特にこだわりがなければ
相談してみてるのもいいと思います。

早速今度の休みに相談させてもらおうと思います。
相談してみてどんなだったか、またシェアしますね!

The following two tabs change content below.

きゅう

2014年に会社員をやめて、フリーランスのシステムエンジニアになりました。 節税とか自転車とか糖質制限についてよく書いています。

-フリーランスの節税
-, , ,