フリーランスの節税

青色申告65万円控除の条件が変更!2020年からはe-Tax要!

青色申告特別控除の65万円、節税効果大きいですよね。

マネーフォワード確定申告とか使えば、
慣れれば貸借対照表も楽に作成できます。

もう今ではそこまで手間もかからず大きな控除が受けられて
かなり助かってますが、2020年から制度が変わります。

今65万円控除受けられていても、
2020年から55万円控除に、10万円分損する可能性があります。

まだ時間はありますが、直前に慌てることがないように
今から準備しようと思います。

この記事では、2020年以降も青色申告特別控除を
65万円受けるための準備と、実践した結果をまとめます。

青色申告特別控除の金額と条件変更

上でもさらっと書きましたが、
新しく55万円控除ができました。

今まで65万円控除されていたのに
こちらに移されると損しちゃうので、
避けなければいけません。

新しい特別控除額と条件は以下の通りです。

10万円控除

青色申告の手続きをしてたら控除されます。
以前と変わらず。

55万円控除

青色申告の手続きをして
貸借対照表か損益計算書を提出すれば控除されます。

これまで65万円控除されていたら
引き続きここまでは控除されます。

65万円控除

55万円のところから、e-Tax申告か〇〇
今までもe-Taxで申告してたなら問題ありません。

65万円控除にはe-Taxでの申告が必要に

ということで、引き続き65万円控除してもらうには
e-Taxで申告する必要があります。

e-Taxで申告するためには、

・マイナンバーカード
・ICカードリーダライタ

の2点が必要になります。

e-Taxの準備1、マイナンバーカード

e-Taxで申告するための準備として、
まずはマイナンバーカードを作ります。

今までの確定申告でもマイナンバーの記載が必要でしたが、
ずっと通知カードの番号を記載してました。

ICカードリーダライタで読み込むため、
ちゃんとしたマイナンバーカードが必要になります。

これは、タイミングを見て市役所で作成してもらいます。

フリーランスとはいえ土日休みなので、
土曜日にやってもらえるかどうか…

土曜日に業務してくれる事務所を置いてる
自治体もあるので、あるならその事務所に問い合わせてみましょう。

e-Taxの準備2、ICカードリーダライタ

Amazonでポチれば届くのを待つだけです。
注意点とかあれば。

青色申告特別控除65万円を2020年以降も受けるまとめ

貸借対照表つければ65万円も控除してもらえる
青色申告特別控除。2020年からは条件が変更されます。

よくあるパターンの、手続きを怠ると
税金をたくさん取られるパターンです。

e-Taxとか普及させたいんでしょうね。

貸借対照表まで出しているなら、
後はマイナンバーカードと
ICカードリーダライタを準備すればOK。

実際の申告は、次回やってみてどんな感じか探ります。
早めにやらないと、トラブったら面倒くさそう。

実際に申告したら、どんな感じだったか共有します!

The following two tabs change content below.

きゅう

2014年に会社員をやめて、フリーランスのシステムエンジニアになりました。 節税とか自転車とか糖質制限についてよく書いています。

-フリーランスの節税
-, , , ,